@HOME ~半育休マダムの育児生活~

子連れ:群馬サファリパーク

子連れスポットの王道!『サファリパーク』

実は 私が小学生の時、親戚の家へ行った折
「どこに遊びに行きたい?」と言われ、

本当は 近くのサファリパークに行きたかったのに
あまり面識のない 叔父叔母に遠慮して 言い出せなかった思い出が。
今も昔も 内向的な私です。

あれから40年! じゃないか。20年。

その時の思いを 胸に秘めつつ 念願のサファリパーク 初体験です!
d0217979_18583378.jpg
向かった先は『群馬サファリパーク

平日のせいもあり なんとなくひなびた雰囲気に 気圧されながら 入場です。

料金体系が少し複雑で、とりあえず 園内・・・というか 
駐車場に入場するだけで 一台につき300円 がかかります。

園内への入場料は 大人2,600円 子供(3才から)1,300円。

それ以外に

自家用車で入る場合には 音声ガイドラジオ 一台につき500円。
エサやり体験バスの場合には 入園料 +1,300円。
サファリバスの場合には 入園料 +500円。
レインジャーツアーの場合には 入園料 +1,300円。

など、加算が多く
しかもレンタカーという選択肢もあり、
ニーズに応じて 料金はかなり変動するようです。

我が家の場合には 大人2人+ベビー(1歳)で、
一番面倒のなさそうな 自家用車での入場にしたので

入場料300円 + 入園料 2,600円×2人 + 音声ガイド代 500円

で、しめて6,000円 という計算になりました。
決して安くはないですね。

どんな内容なのか・・・。
期待と不安が入り混じります。



さて、おそるおそる ゲートを通過すると・・・、
目の前は いきなりサバンナ!

キリン、シマウマ、サイなどが 至近距離を悠々と横断。
道の真ん中でたたずんでいたり・・・、人間様は すごすごと 横を通り抜けます。
d0217979_1910355.jpg
自家用車ではいると、眺めはこんな感じ。

d0217979_19114694.jpg
サイがこの距離に!大きい!!
d0217979_19123587.jpg
シマウマは 目と鼻の先・・・というか 鼻がくっついてます。


アフリカゾーン、アメリカゾーンと抜けて 猛獣エリアに行くと  
d0217979_1915543.jpg
こういうのが見たかった!!
トラが こんな近くに見られます。
d0217979_191625.jpg
カッコいー!手が大きいー!!

自分の車だと、野生動物の大きさを実感します。
とても ケンカしたら 敵わないと確信。
d0217979_19173711.jpg
ライオンは オスメスが集まって おくつろぎのご様子。
でも、よく見ると ざっくりケガをしたライオンも。

群れの中で 日々 優劣を競っているんだなー。と ライオンの生態を垣間見る。
d0217979_1919861.jpg
少し離れた木陰に 一人 じゃないか、一頭たたずむオスもあり。
何を思うのか・・・。

d0217979_19201711.jpg
園内には車から降りて 歩いて巡るスポットも。
偶蹄目や 馬蹄目の類がいたり、
d0217979_19251449.jpg
柵越しとはいえ 至近距離のダチョウは ある意味一番 スリリング。

ホワイトタイガーや ユキヒョウを 真下から眺められる施設も。
d0217979_19241592.jpg
ベビーの右上の足。ホワイトタイガーです。
おおーーー!

中には こーんなのや
d0217979_19255192.jpg
こーんなのなど
d0217979_192615100.jpg
心癒される 動物も。

d0217979_19263973.jpg
結構 大満喫な時間でした!

とにかく日常ではアリエナイ世界。
本当に近くで 動物が見られる この臨場感は
動物園では 味わえないな、と 思いました。

で、〆はこれです。『タイガーソフト』
d0217979_19294858.jpg
チョコとバナナ味の ミックスソフトクリームです。

味は・・・、80年代的な感じ。

総括して、充実した遊び場でした。

ベビーが大きくなったら、エサやりバスに乗るぞ!!
おーー!!
[PR]



by scaccomatto | 2012-02-25 19:31 | おでかけ

栃木県佐野市のイタリアンレストラン 『スカッコマット』 のマダム兼ソムリエによる育児ブログです。2人の男の子の母親です。
by scaccomatto
プロフィールを見る
画像一覧

TRATTORIA SCACCOMATTO

〒327-0821 
佐野市高萩町1207-1
サンクレスト高萩1F

TEL:0283-23-4224

お店の情報は 公式ブログ
スカッコマット 日和」にて

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

画像一覧