@HOME ~半育休マダムの育児生活~

カテゴリ:長男・4才( 3 )




お風呂にて

世話好きの長男は、お風呂で私の髪を洗ってくれることがあるのですが
その時 歌っていた 自作の歌。

♪ まずはぁ~ ここを~ はげにしてぇ~~
  それから ここを~ カットして~~
  ついでに かつらを かぶせましょぉー

こわい!安心できない!
[PR]



by scaccomatto | 2015-12-18 22:05 | 長男・4才

4歳児のお弁当

d0217979_0492949.jpg

寒くなると、幼稚園でお弁当を温めてくれるので
お弁当箱は 金属製に。 
我が家では アルミではなく 
工房アイザワの、ステンレス製のものを使っています。

子供でも開けやすく閉めやすい、金具のないタイプ。
パッキンがついているの 液漏れもしにくくお勧め。

年少さんの時は「小」を使っていましたが
それでは 足りなくなって、現在は「中」サイズ。

「中」と言いつつ、サイズ:160×125×57mm
容量:670mlなので、お弁当箱としては 結構迫力がありますが、

毎回残さず食べてくる、
さすが男子の食欲なのです。
[PR]



by scaccomatto | 2015-12-17 00:58 | 長男・4才

兄になる過程

さてさて、4歳の長男は、突然の弟登場で どう変化しているか・・・、
今回はそれをまとめたいと思います。

まず シーズン1

退院してすぐは、『とってもお利口さん期』
驚くほど お利口さんで、協力的。
おむつを替えていれば、おしりふきを持ってきてくれて
沐浴をしていれば、最後の仕上げのお湯をかけてくれる。

すごーく 頑張って お兄さんらしくしていました。

が、シーズン2

そんな無理が続くはずもなく、すぐにやってきた シーズン2は
『やさぐれ 不良期』

「もう、疲れちゃった。」という、およそ4才にしては生意気に言葉とともに 
一気に不良化。


ごはんには時間通り来ない、食べない。
(特にジージに)激しいやつあたり、暴力的な言動。

これは思春期にありがちな 『グレる』現象と同じく、 
「なんか おもしろく ねーんだよー。」&「こっちをみてよー、かまってよー。」
に起因する行動と思われます。

何をするでもなく、だらだら ごろごろ、鬱々として不機嫌。

この時期は、ハグしたり 「大好きだよ。」などの魔法の行動も 効果を見せず、
「どーせ、弟が一番がかわいいんでしょ。」
とか「弟の方が だいじなんでしょ。」という 
激しいヒガミ、妬みのスパイラルに陥っているのが ありありと わかる時期でした。


で、それを抜け シーズン3

臆面もなく甘えてくる 『ぼくちゃんもかわいがって期』。

やさぐれ 不良期が 終わったな、と思った瞬間があります。
それは 「まま だいすき」とかいた お手紙をくれた時。

突然、大きなハートの書かれた そんな手紙をもらった時
本当にうれしくて 感動して、そして 「おや?」 と思いました。
これは 何かの変化があったなー、と。

案の定、その頃から 弟がいない隙を狙って
抱っこをせがんで来たり、抱きついて来たり とにかく まとわりついてきて、
ストレートに感情を表現するようになりました。

20kg近くある巨体を なるべく抱っこしてあげたり おんぶしてあげたり
時には 肩車をしたり、ぐるぐる回してみたりしているうちに

みるみる 彼の精神も回復してきて

現在 シーズン4
『弟 かわいがり いじりたがり期』 の到来となるわけです。

「だんだんかわいくなってきた。」などの発言、
頭や顔を なでなでしたり、抱っこをしたがる など

次男にとっては苦難の始まりを予感させますが
母としては 「なるほど、落ち着くところに 落ち着くもんだな。」と 
妙に納得している次第です。


こうして改めてまとめてみると、精神状態の変化と
私自身の産後の回復過程 および それに伴う ライフスタイルの変化が
非常に 密接に関わりあっているのが分かります。

シーズン1のころは退院してすぐで 私はまだ朦朧としていて
寝たり起きたり、十分に彼に構う余裕はなく、そして 当然 弟ができる前のような
生活は 出来ないので、そのショックと不満の蓄積が シーズン2へとつながり・・・

シーズン2の頃は、まだ私の回復が十分でないため 外出もできず
その結果、彼も家にこもりがちになり、食欲もわかず ストレスも溜まっていて
より 生活習慣が悪化→精神状態も悪化 となったと考えられます。

シーズン3の頃に入る、私も少し動けるようになり
甘えさせてあげる体力的、精神的な余裕が出てきて
それまでの不安や不満が 和らぐこととなり

シーズン4の現在、弟のいる生活にも慣れ、
そして習い事を再開したことによって、母と二人の
安定した時間を定期的に持てるようになったことが
精神の安定化につながっているのではないでしょうか。

あくまでも、『母親』的視点から見た 考察であります。
とにかく、非常に興味深く 面白い 変化をしています。
[PR]



by scaccomatto | 2015-10-14 22:18 | 長男・4才

栃木県佐野市のイタリアンレストラン 『スカッコマット』 のマダム兼ソムリエによる育児ブログです。2人の男の子の母親です。
by scaccomatto
プロフィールを見る
画像一覧

TRATTORIA SCACCOMATTO

〒327-0821 
佐野市高萩町1207-1
サンクレスト高萩1F

TEL:0283-23-4224

お店の情報は 公式ブログ
スカッコマット 日和」にて

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

画像一覧