@HOME ~半育休マダムの育児生活~

1月15日(生後2日目)

d0217979_735479.jpg
体重:3264g 母子ともに順調に経過。

昨日・今日は日中は赤ちゃんと一緒。
夜は別々に寝るという生活で、体力を回復しつつ 徐々に慣れていく期間です。

幸い黄疸もほどんどなく、色白もち肌の息子。
色白はパパ似ですねー!

昨日の昼間、初授乳を試みて思ったのですが
「授乳って疲れる・・・・!!!」

まだ扱いに慣れていないせか、相手もふにゃふにゃだし
まず姿勢が定まらない。

どれくらいの力加減で平気なのか さぐりさぐりしつつ。
しかも毎回 意外と長時間。

更に産後の消耗も相まって とにかく喉が渇く!

一回の授乳が終わると 「はぁ~~~!」と、息が漏れるのです。

でも順調に母乳も出始め、外界の様子がまだわかっていない息子が、
おっぱいのにおいをかぎつけて 見当を付け えいやっとかぶりつき
はむはむする様は まだ頼りなげですが
本当にかわいいと思うのです。

ごくごくのんで、ぐっすり寝るわが子は 助産師さんからも
「扱いやすい。」のお墨付き(笑)

おっぱいの後に 背中をたたいてゲップをさせるのですが、
周りが振り返るほど 立派なゲップをする息子。

うれしいやら 恥ずかしいやら・・・。

2日目は希望制の聴力検査もありました。

さてさて、ここで予想外の展開。
授乳のとき まず母乳を飲む前に体重を量り
飲み終わったらもう一度測定。

体重差により 飲んだ量を測定するのですが、
幸い母乳の出が良いということで 急遽今日から夜中も同室に!

心の準備ができていないまま 今日から一緒の生活が始まります。

写真はみんな共用の『授乳室』(←夜中以外はここで授乳する。
母乳の量の測定や、助産師さんからのアドバイスがもらえる。)から
私の病室へ行く途中。

胃の許容量まで飲んだにもかかわらず まだ泣くので
物は試しと 『人生・初おしゃぶり』を放り込まれた息子の図。

しかーし この数分後、「なんだ出ないじゃん。」という顔で
右手でおしゃぶりの輪っかをつかみ ぽいっと放り出した様に
赤ちゃんながら英知を感じたのは親バカでしょうか。(バカですね。)

さて 初めて一緒に夜を過ごす。
いったいどうなることでしょう!?

次回につづく!
[PR]



# by scaccomatto | 2011-02-22 07:58

1月14日(生後1日目)

d0217979_8433117.jpg
誕生時3454gだった体重は、この日は3348g。
新生児はまだ食べ物から上手に栄養が得られないので、
体内に持っている『お弁当』を使うらしく
はじめは体重が減少するのです。

出産当日は30分ほど私の病室に来たBaby。
体力回復と赤ちゃんの経過を見るために 1日別行動でしたが、
この日から 少しづつ 赤ちゃんのお世話が始まります。

まず 私の体は・・・、というと

なんか しわしわ・・・!!!!

しわしわ というと少し違うかもしれないけれど、
なんとなく体の皮が だぶだぶした感じ。
実際余っているのとは別に 質感が 妙に抜け殻っぽいテクスチャーになっているのです!

それだけ消耗したって事ですよね~~。

その代り、産院の食事はかなり 『ガッツリ』
油・肉しっかりの食事に、3時のおやつ付き!!
これで 消耗分を補給せよ という事なんですね。

はい、おいしくいただきます!

で、お世話初日は授乳指導あり。
まだ母乳は出ませんが、赤ちゃんが吸ってくれる刺激で
徐々に出始めるとのこと。

特に『初乳』という、初めに出る黄色がかった濃い母乳は
免疫成分も多いらしく ぜひ飲ませるべし との事。

うちの子は初日からやる気満々。
目が見えないので 見当をつけて がぶっとくる様に
生きる気迫を感じます。

初日は首もガクンガクン。大きめで生まれたので
同時期にいる赤ちゃんの中では ダントツ しっかりしていましたが
まだまだ 抱くのも恐る恐る。

でも、赤ちゃんって かわいいなーーーーー!と、
早くも親バカを発揮する 接触1日目でした。
[PR]



# by scaccomatto | 2011-02-21 08:58

出産記②

d0217979_14182378.jpg
さて、前回のつづき。

そんなわけで、深夜の病院にかけこみ
こんどこそ『合格』、無事に入院を許されてからが まだ 長かった!

徐々に強まる陣痛との戦い。

入院したのが午前3時半ごろ。
朝方 助産師さんに「ここが地獄の八丁目だよ。」との励ましをいただいたのだから
この時間帯はクレッシェンドでアッチェレランドな感じだったんだな。

実際にはどれくらい、どんな痛みが来たのか、
不思議と覚えていないのですが、
とにかく なんだか 辛かった!

手を握る力が異様に強くて
「本気で骨が折れるかと思った。」と、シェフ談。
商売道具、折らなくてよかった・・・・。

私が入院していた部屋の壁には、部屋は新しくてピカピカなのに
ベット脇に小さいけれど穴が・・。きっと先輩が戦った跡なのね。

で、徹夜と痛みで朦朧とする中 突如吐き気が!
ウエッとなった勢いで 私の場合は破水して、
子宮口もいい感じ。 いざ分娩室へと相成ったのです。

分娩室に入ってからは 気分的にも楽になり
「もう いきんでいいんだーーー。よーーし!!」と気合も入る。
(それまではもろもろの理由で いきんではいけない。)

得意の腹筋を披露して、
「上手、上手~~。」との助産師さんの声で いい気になる。

「あと何回かで出るよ~。」との声で勇気づけられ
先生登場。終わりは近い!

赤ちゃんが出る瞬間は、『痛い』というより『熱い』に近い感覚で、
「出そうなものを出したい」欲求が高まってはいたものの
「おっと、こんなにデカいのが出るなんて 聞いてないよー。」
と、やや焦る。

でも、それはほんの一瞬。あっという間に 何かがごっそりと出て、
同時に すごーーーーーく 脱力したのでした。

すぐに助産師さんが、きれいにしたBABYを見せてくれて、
ここは さすがに 感動・・・・!!!!

理屈をこえて「かわいい!」と思ったのは
やっぱり生命の不思議だなー、と思います。

なにはともあれ、無事に出産。
母子ともに何事もなく終えることができて 本当によかった・・・・!!!

お産が終わり お昼も近い。
「お腹がすいた。」と 分娩台で 自分の胃のあたりに手を置いてびっくり!
べっこり へこんでいるではありませんか・・・・。

赤ちゃんが出たんだから 当然ですが、
10か月もかけて大きくなったお腹に慣れていた私。

へっこんだことに驚いたのでした。

いままでは私の中で大きくなっていた命。
これからは少しづつ 別の生き物になっていくんだ。

そのうち自我が芽生えて、二足歩行もして、ヒゲも生えて、
「おふくろ。」なんて言ったりするんだろうなーーー。

生き物として新米な息子。パパ・ママとして新米な私たち。
少しずつ成長していこうね♪
[PR]



# by scaccomatto | 2011-02-20 15:19

出産記①

d0217979_15561125.jpg

初めての出産。わからないことだらけでしたが
まず「どうなの!?」って思ったのは 陣痛の始まりかた。

いつ来るの!?突然来るの!?それとも徐々にくるのかーーー??

と、頭の中は 『?』 だらけ。

特に予定日を一週間ほど過ぎたので やきもきと不安で 『?』は増すのです・・・。

私の場合は 出産前日の12日に兆候あり。早朝からおなかがしくしくし始めて、
「これは 今日来るのか!??」と思ったわけです。

夕方あたり 本格的に痛み出して
「これは 来るのだな!!」と 確信を得たのです。

痛みが10分間隔だったので、勇んで病院に行ったものの
内診の結果「まだだね~~。」と言われ 一時帰宅。

この時は なんだかむなしかった~~。

で、夕飯をしっかり食べ お風呂に入り 布団に入ったものの
夜中の12時。痛みで起床。

でも、一度帰されているので、ここは女の意地。
時計とにらめっこのすえ 深夜3時、陣痛が6分間隔になったところで 
「文句あるか!」の2度目の病院となったのです。

この時は シェフが家にいたので 車に乗り込み、
2度目とあって、余裕もあって コンビニとか寄ったりして。

陣痛を乗り切るために お水などを買ったりして

でも、世の旦那様 気を付けてください!
陣痛が来ている妊婦は 食べ物のにおいが 嫌なんだね。

少なくとも私はそうでした。

腹ごなしにシェフが買った なんだかわからない気持ち悪いにおいのものが
最悪に気持ち悪くて(言い方が悪くてすみません。あくまで食べ物のせいではない。)

車の窓は全開。冷たい風が きもちいいー。 などと思いながら
車は 深夜の病院に 到着したのでした。


このあと 感動の出産編

次回につづく・・・・!
[PR]



# by scaccomatto | 2011-02-19 16:19

Happy Birth☆

d0217979_1517311.jpg

2011年1月13日(木) 午前10時32分
3454gの元気な男の子の誕生です!

予定日の1月5日を8日過ぎ・・・・
少し大きくなった男の子は 無事に産声をあげたのでした。

さてさて、栃木県佐野市のイタリアンレストラン
『TRATTORIA SCACCOMATTO(トラットリア・スカッコマット)』の
マダム 兼 ソムリエ の私が 育児休暇中に思う
赤ちゃんの事・育児のこと・食事のこと などなど

徒然なるままに 綴ってまいりますので
皆様どうぞ 御立合い 御立合い!



お店に関するブログは こちらをご覧ください♪
[PR]



# by scaccomatto | 2011-02-19 15:19

栃木県佐野市のイタリアンレストラン 『スカッコマット』 のマダム兼ソムリエによる育児ブログです。2人の男の子の母親です。
by scaccomatto
プロフィールを見る
画像一覧

TRATTORIA SCACCOMATTO

〒327-0821 
佐野市高萩町1207-1
サンクレスト高萩1F

TEL:0283-23-4224

お店の情報は 公式ブログ
スカッコマット 日和」にて

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

画像一覧